清子だより

「清子の家」の行事のお知らせや、報告を載せていきます。


第六回永瀬清子現代詩賞 決定!

「第六回永瀬清子現代詩賞」が決定しました!

 吉岡幸一さんの「いつか誰かのそばで」です。

 

 また今回、優秀な作品が多く、選考委員の方々の協議のうえ、最後まで選考に残った2作品、内村佳保さんの「あなたのかたち」、中西邦春さんの「一日」を特別に「優秀賞」として選出することとなりました。

 

 この3作品と他の一次選考通過作品をまとめた「第六回永瀬清子現代詩賞作品集」を制作中です。来年2月の表彰式から頒布開始となりますので、しばらくお待ちください。

 

 詩を書くよろこびを伝え続け、「いつかだれかにわたしの思いを」伝わるようにと、詩作を続けた永瀬清子。

 清子の思いを伝えるべく「永瀬清子現代詩賞」を創設して今回で六回目。運営継続のために、今回から応募料をお願いしたにも関わらず、多くの方が思いを込めた作品をお届けいただき、ありがとうございました。引き続き、多くの皆様が今を生きる糧の一つとして、内なる思いを表現する場として詩作に取り組んでいただければ幸いです。

 

 

庭に降りやすい坂になりました

 

長年の懸案事項であった、清子の家の庭へ降りる急坂の進入路。

仮鉄板はぼこぼこで、穴に土を入れても入れても雨で流れて、掘れて…

入口の狭さに車の横を擦ったり、急角度に車の下を痛めたり。泣いたスタッフも数知れず。

 

赤磐市の㈱金信建設様により、ついにこの坂がコンクリートで整備されました!

下の庭にも土をいれていただき、駐車も楽になりました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

現代詩賞の一次選考作品決定!

 

 

大変お待たせいたしました。

今年2月17日~5月17日に応募いただきました327作品の中から、左の30作品が一次選考通過となりました!

今回も力作ぞろいで、選考委員のみなさまには大変なご尽力をいただきました。

 

これらの作品は来年2月に開催します「紅梅忌・永瀬清子現代詩賞表彰式」から頒布を開始する

『第六回永瀬清子現代詩賞作品集』に収録されます。

 

また、この中から、「第六回永瀬清子現代詩賞」が決定されます。

後日、受賞者ご本人にお知らせした後、21日頃にホームページでの発表を予定しております。

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

母屋の2階に

「待たずして逝きし人の御前に」 曽田章楷 書

 

日が暮れて盆提灯を点け、線香を焚けば死者を想い出します。

この言葉は短章集『蝶のめいてい』の文庫版中扉の裏に書かれている一文です。

 

8月の月命日に曽田様からこの書をいただき、後日母屋の2階の床の間に掲げました。

 

ところで、、、 これはいったい誰のことなのか?

永瀬清子の研究者 白根直子さん(現 赤磐市教育委員会の学芸員)は仏文学者の山内義雄であると答えて、その確信ぶりは潔く、真実はそれしかないと思いました。

『かく逢った』(1981年 編集工房ノア)では永瀬は同氏の無償の行為を哀悼しつつ、「期待されたほどの詩が書けなかったことのみが先生にはすまないが、先生はいまもなお私を見守っていてくださるような気がする。」と結んでいます。

 

この世とあの世の人口を比べればあの世の方が絶対多数であり、逝った人がなおも見守ってくれているという確信を持って生きることはそうでないより随分心強いに違いありません。

 

詩作講座 「午前2時の手帖」(募集終了)

 詩作講座の第3弾! 詩人 斎藤恵子さんを講師に迎え、

 9月24日㈯ 19~21時「午前2時の手帖」を開催します。

    会場:赤磐市松木「清子の家」離れ 参加費:1000円 定員8人

 

 永瀬清子は農作業と家事で疲れた体を、夜中に起こし、筆を走らせました。

  自由になる時間は深夜2時から…。

 

 その姿を偲び、清子の家の離れで、夜に詩作する講座です。

 

 ご好評により満員になりましたので、募集を終了します。(9/18)

 

 

 

蔵跡の畑は豊作!

続きを読む

土曜日の朝にー夏の庭ー

続きを読む

地元小学生が探検!

 

 

5月17日、にぎやかな声にスタッフが開館準備中の生家大戸を開けたところ、地元豊田小学校3年生の探検隊が現れました!

急きょ探検スタート。みなさん、清子の家の古い作りや井戸に興味津々でにぎわいました。

 

探検隊の皆さんは、6月30日に改めて清子の家を訪問の予定でしたが、熱中症アラートのため断念。

代わりに、小学校近くの赤磐市くまやまふれあいセンターで、永瀬清子と直接交流のあった保存会の小林一郎理事から、永瀬清子生家保存会を作った話を聞いたり、清子の家を修理している時の写真や2階「永瀬清子展示室」を見ながら清子さんの話を聞いたりしてもらいました。

生徒さんからは「隠し部屋があるって聞いた!」「清子さんとどんな話をしたの?」「清子さんはどんな想いで詩を書いたのか?」などいろいろな質問が出されました。

 

秋になって涼しくなったら、改めて清子の家に来てくださいね。隠し部屋の探検や、井戸の水汲みをやってみましょう!

 

 

 

 

清子の庭にて―6月―

6月19日朝、清子の庭では紫陽花が咲き、蔵跡の畑の野菜も育ってきました。

 

この日の庭作業の様子をタイムラプスで撮影してもらいました!

ブッシュ化した庭の草刈り(Facebook)

畑の作業(Facebook)

 

みなさん朝からお疲れ様でした~

 

離れ前の白梅の古木では梅の実が収穫できました。

作業後の休憩で梅ジャムを堪能。

(下の写真。2月の梅木の写真アリ

 

来月7月は17日㈰に8~9時に「清子の庭(庭作業)」

帽子、手袋、水分、持ってきてくださいね!

(できれば道具も~)

続きを読む

清子の里をパノラマ散歩

赤磐市さんのホームページに

「ようこそ永瀬清子の里へ (360view)」というとてもおもしろいサイトがあります。

永瀬清子ゆかりの場所を360度パノラマ撮影したもので、実際にそこにいるかのようにご覧いただけます。

 

ようこそ永瀬清子の里へ (360view)

 

左の解説のように、画面をクリックしていくと永瀬清子生家だけでなく、清子ゆかりのいろんな場所が眺められます。

大きな➡をクリックすると、その先の道の風景がでてきて、本当にお散歩しているかのよう。

ぜひ、このサイトに遊びにいってみてください!

続きを読む

清子の家に朗読の声が響きました

5月15日、清子の家で朗読会が開催されました。

演者は俳優の真実一路さん、保存会からは廣瀬ふみ世さん、横田都志子さん。

母屋で清子作品をじっくり堪能することができました。

真実さんの朗読は外作業をしていたスタッフも堪能したほどの通る声でした。

 

続きを読む

芒種(永瀬清子の二十四節気)

永瀬清子は生前、岡山県庁への通勤や京橋の定期船乗り場へ行くのに、宇野バスを利用していました。

 

その宇野バスさんで企画された「永瀬清子の二十四節気」ポスターも本日が最終の「芒種」。

今日、宇野バスに乗られる方は車内でぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

昨年の「夏至」から一年間、写真家の田中園子様、デザイナーの田中雄一郎様、Webデザイナーの三宅真人様と永瀬清子作品のコラボを本当に楽しませていただきました。清子のことばが立ち上がってくる色・デザインは本当に素晴らしい作品でした。ありがとうございました。

 

 「永瀬清子の二十四節気」はこちらでもご覧ください(宇野バスホームページ

 

ご応募ありがとうございました!

「第六回永瀬清子現代詩賞」は5月17日に募集を終了しました。

今回は、327作品のご応募がありました!

北海道から沖縄まで全国の方から思いの詰まった作品が届けられました。ありがとうございます。

 

これから夏にかけて、選考をすすめてまいります。

「永瀬清子現代詩賞」の発表は10月初旬になる予定です。

楽しみにお待ちください。

 

永瀬清子現代詩賞応募〆切迫る!

第六回永瀬清子現代詩賞の応募締切

「5月17日」が迫ってきました!

 

この賞に合せて4月30日に開催しました

若松英輔さんによる

「詩を書く人のための講座」

は満員御礼で、赤磐市松木の「清子の家」は熱気にあふれていました。

 

 

 

オンラインでのライブ講義でしたので、参加のみなさんからは詩に向かう時の様々な悩みがなげかけられ、

若松さんからは、清子の短章集の言葉を用いながら、ていねいに、わかりやすく、豊富な言葉が届けられました。

みなさんが波打つようにうなずかれる姿が印象的でした。

 

現代詩賞の応募は17日消印有効です。講座ご参加のみなさま、各所で詩作中のみなさまの作品の到着を「清子の家」で事務局一同お待ちしています。

続きを読む

清子の庭

 

4月17日㈰より、

 

朝の「清子の庭」始めます。

 

今、清子の庭にはたんぽぽがいっぱい。

綿毛を飛ばすのは早い者勝ち!

 

またスノーフレーク(鈴蘭水仙)が可憐な花を咲かせています。釜屋の入口そばにこんもりと。

 

春を堪能しながら、草抜き作業をご一緒に。

続きを読む

永瀬清子作品の朗読会・ワークショップ

<朗読会>

 日時 2022年5月15日㈰ 14:00~16:00

 定員 30人

 

<朗読ワークショップ>

 日時 2022年5月17日㈫ 14:00~16:00

 定員 10人 

 

永瀬清子生家「清子の家」で永瀬清子作品を味わう

「朗読会」を行います。

朗読は「花子とアン」などテレビや映画・舞台で活躍されている俳優 真実一路さん。

生家保存会から廣瀬ふみ世、横田都志子も参加します。

 

耳から味わう作品はひと味違います。ぜひ、詩の生まれた場所で目から耳から清子作品を体感してください!

 

また、17日は俳優 真実一路さんによる

「朗読ワークショップ」開催。

清子生家で実際の指導を受けられるチャンスは貴重!

あなたの声と言葉 もっと遠くへもっと深く

きちんと伝える真実の朗読作法を学びましょう!

 

 各会とも参加費は3000円

ご予約は保存会事務局へできるだけメールでお願いします。

 

 

 

 

若松英輔氏による詩作講座を開催!

一般の方のご予約は受付終了しました。申し訳ありません。

学生の方のみ、若干名対応いたしますのでご相談ください。

 

日時 2022年4月30日㈯ 

   14:00~15:30

会場 詩人永瀬清子生家「清子の家」 

 

「第六回永瀬清子現代詩賞」の選考委員の一人、若松英輔氏による「本気で詩を書く方」へ向けた詩作講座が実現します!

 

定員は20人、「清子の家」での受講です。

講師は現地来場ができませんが、リモートでつなぎ、会場スクリーンにてライブで講義を行い、質疑にも対応します。

 

「NHK100分de名著」の解説やご自身の公式講座など指導経験も豊富で、永瀬作品にも精通した若松氏の講座は大変貴重な機会です。

ぜひ、清子が詩作をした聖地で、「詩を書く」ことを改めて考えてみませんか?

 

ご予約は保存会事務局へできるだけメールでお願いします。

(講師からのメッセージをお伝えします)

 

学生無料です!(予約時、学校名・学年を連絡ください)

現代詩賞は17歳以上の方対象ですが、この講座は年齢制限がありません。

ぜひ、若い方々のご予約をお待ちしています!

 

(配信の予定はありません)

 

 

 

 

中庭の梅に寄せて

有事  

                     永瀬清子

戦争が来たらと云う。

戦争が来たら、という声そのものがもう有事なのだ。

戦争で一番おそろしいのは

一時の気の迷いで後悔をあがなうことだ。

えらい詩人にもたくさんの例があることを私は見ている。

自分の信ずること以外には したがうまい。

そんな単純なことでもちゃんと決めておかないと、

きっとその時になれば

五寸釘を折り曲げるように曲げられる世の中なのだ。

おそろしい。

私はもう有事を語っている

 

                短章集『焔に薪を』より

 

「不屈の精神」を意味する梅。

 困難を抱えている方々が安寧の春を迎えられるよう祈って

 

 

 

 

紅梅忌を開催しました

 

220日㈰に「第三回紅梅忌」を開催しました。

寒い中ご参加いただいた皆様には本当にありがとうございました。

感染症対策のため、庭で受付し、式典も中庭でしたのでストーブを焚いても寒い寒い!

寒い中でも紅梅は見事に花を咲かせました。さすが清子さん。

 

当日はRSK山陽放送、山陽新聞、朝日新聞の各社の方が取材してくださいました。

 

続きを読む

第三回紅梅忌

「清子の家」の中庭で梅の蕾が膨らみ始めたこの季節に、今年も永瀬清子を偲んで「紅梅忌」を開催いたします。

 

(永瀬清子命日の2月17日㈭13時~15時には「清子の家」の例月開館をいたします)

 

「紅梅忌」は第三日曜日の2月20日㈰の開催です。

 

当日午前中は墓参の後、式典で清子作品朗読と今年の和菓子のお披露目を行い、午後は予約制のワークショップです。

 

ワークショップは昨年5月に開催し、好評いただいた清子作品を題材にした和菓子デザインワークショップの第二弾です。

時節柄、お茶会はできませんが、参加ご希望の方はメールかお電話でご予約ください。

 

感染症対策を実施して開催いたします。ご来場の際には体調にご留意のうえ、マスク着用、手指消毒、検温にご協力ください。

続きを読む

建築講座ご参加ありがとうございました!

 1月16日㈰ 建築士のお二人、中村陽二さん、島村鐵二さんを講師に「永瀬邸」の復元・改修の流れを学ぶ講座を開催しました。

少しでも多くの方にご覧いただきたい、と初めてZoom配信も行いました。

講師から建築遺産の意義や、実際の永瀬邸の建築の過程の解説があり、現場写真を見ながら、実際に工事に携わった黒住棟梁からの話もあり、みなさん興味深く聞いていらっしゃいました。

 

 

 

続きを読む

「建築講座」参加者募集

 

「清子の家」において建築講座を行います。

  現地参加とズーム参加があります。

 

長い年月をかけて細々と、保存活動を続けてきました。

永瀬清子の生家は、詩人の生家というだけではなく、

建築物としても貴重なものです。

その現場に身を置いて聞く、改修工事や活用の実践報告は、きっと有意義なものになることでしょう。

未来を担う若い方も、どうぞご参加ください。

 

【申し込み先】

  

  ●現地参加の方

     電話:070-3783-0217

    メール:お問い合わせフォームより

 

  ●ズーム参加の方

     こちらへ

詩作講座開催しました。

11月21日は「清子の家」で初心者向けの詩作講座を行いました。

7名の参加者をお迎えし、まずは清子ランチをお出ししました。

講師の詩人石川早苗さんの実践的な詩を書くプロセスに

参加者の顔が一気に明るくなり、思い思いの場所へ移動し詩作。

個別のアドバイスの時間を設けて下さり、皆さん嬉しそう。

完成した方の発表を聞きながら、お茶とお菓子でくつろいで頂きました。

続きを読む

第六回永瀬清子現代詩賞

お待たせしておりました第六回の募集を始めることになりました。

今回からは、要項が大きく変わりましたので、よくご覧になり

募集期間内にご応募ください。

続きを読む

詩作講座

 

 

初心者を対象に

「詩作講座」の参加者を募集します。

 

先着順で10名様です。

少しでも書きたい思いのある方は

どうぞお早めに。

 

 

 

清子の家から中継

NHK岡山の中継放送がありました。

入念な取材と丁寧なリハーサルが行われ、

あっという間の放映も多くの方の力が

結集していました。

 

今日の放送を観ることができなかった

岡山エリア以外の方は、一週間の間だけ

過去のニュースとして観ることができます。

どうぞご覧ください。

9月の見学日

 

 

正面玄関を入った所に、ず~っと大きな箪笥があり

圧迫感がありましたが、ようやく移動させ第一印象となる場を

飾ることが出来るようになりました。

 

清子の言葉を書いた軸の隣に、この家で暮らしていた頃の

清子の親子写真を並べました。

少年は次男の連平さんで、送ってくださったのも連平さんです。

 

 

 

 

白露

 

「白露」

 

宇野バスさんの企画は着々と進んでいます。

 

二十四節気は、もともと旧暦の頃に定められたもので

今の季節には合わないものですが、少し先を捉える日本の「粋」と。

 

 

処暑

 

 

今日は二十四節気では「処暑」です。

 

「暦の上では秋ですが、、、」という挨拶が

よく聞かれるのも、この頃。

 

 

今日の宇野バスは、このポスターを運転席後ろに

乗せて走っていることでしょう。

 

永瀬清子☓田中園子☓田中雄一郎による作品です。

 

立秋

 

 

宇野バスさん企画の

二十四節気は「立秋」です。

 

この暑さのさなかでも

夕方の空を見上げれば

何とも懐かしい雲の動きが見られます。

 

残暑お見舞い申し上げます。

 

 

  

 

 

 

 

大暑

 

 

宇野バスさんの二十四節気企画は、着々と第三弾。

「凭らんかたなき空にして」は、寄り掛りようもない空だから、、、という感じでしょうか?

 

永瀬清子の言葉と田中園子さんの写真で、痺れる世界を差し出してくださる田中雄一郎さんです。

 

早くも「立秋」が待ち遠しい。

 

 

赤磐市熊山公民館主催の「詩のピクニック」さんが清子の家を見学き来られました。メインの目的は蝋引き仕上げで作る栞のワークショップです。

見学、ワークショップ、自己紹介などなど、和やかで愉快な時間となりました。

小暑

 

 

七夕の今日は、二十四節気では「小暑」です。

 

詩と写真のコラボで、二十四節気を表現した

宇野バス第二弾が、今朝のバス車内に掲示されていることでしょう。

 

詩:永瀬清子

写真:田中園子

デザイン:田中雄一郎

夏至

 

「永瀬清子の二十四節気」ポスターが、今日から24回に渡って、岡山市内外を走る宇野バスの運転席後部に掲載されます。

 

 

 永瀬清子の詩の中から選んだ24の言葉と、写真家田中園子さんの写真を、グラフィックデザイナー田中雄一郎さんが構成、デザインをされました。

 

二十四節気では、今日は夏至(げし)です。

 

 

写真アルバム

 

写真アルバム 永瀬清子生家「離れ」が出来ました。21cm角の素敵な写真集です。

改修工事のbefore & after が、ひと目で分かる仕組みです。

30冊限定販売を本日から開始しました。

改修のために資金を支援して下さった皆さまには、特にお手元に置いて頂きたい一冊です。

一冊 7,000円(税込)+送料370円

ご注文は、メッセージや電話からもお受けしています。宜しくお願い致します。

物干し

 

古い生家の写真に有った、物干しを再現しました。

支柱は、地元の方から稲のハゼに使う棒を頂きました。洗濯物が干してあることで、そこに人が住んでいると認識するものです。「永瀬さ~ん」と呼べば返事が帰ってきそうな佇まいを目指して作りました。

 

雨のお披露目会

緊急宣言発令下の岡山県ですが、予定通り「お披露目会」を行いました。土砂降りの雨の中でしたが、理事長の挨拶、棟梁の挨拶、赤磐市長のメッセージ代読、参加の職人さんや区長さんの紹介等など、心温まる集いとなりました。

お披露目会の記念茶会は、少人数に減らした上に2部式に組み替えました。これでもかと窓という窓を開け、消毒とマスクを徹底。「詩を味わう」では清子作品「黄石」トパーズからイメージして和菓子のデザインをして遊びました。

お披露目会について

 

 

5月16日、17日の「お披露目会」は、離れと釜屋の改修工事のための寄付を下さった方など、保存会からの招待券をお持ちの方のみで行います。

 

また、何度も協議をいたしました結果、コロナウイルス感染予防のため、平素のおもてなしの飲み物提供は、マスクを外す機会になるため取りやめました。申し訳ありませんが、水分補給のための飲み物をご自分でお持ち下さいますよう、お願いいたします。

総会

2020年度の総会を、岡山市北区きらめきプラザ6Fウイズセンター会議室にて行いました。

保存会は、皆さまのご支援のおかげで、大きく変化を遂げるための土台を作る事ができました。21年度の行事計画も盛りだくさんです。

コロナで予定通りに行かないことばかりですが、前を向いて進んでゆきます。

第二回紅梅忌

障子の貼り替え

暖かな日差しが差し込む、出来たての談話室で障子の張替えをしました。

幕末の頃から雨戸もない二階を守ってきた障子と、母屋入り口の潜り戸の二枚。

平成6年に発行された熊山町史には、「入り口の開き大戸も残っていて、くぐり戸の障子の白が映える」とある。

第二回「紅梅忌」

続きを読む

水仙

 

生家の庭に長く咲き継いできた水仙を

整備した庭に植え替えしました。

たくさんの方が早くから集まって下さり

樅木の根方に。

清子の思いを引き継げました。

春へ

「紅梅忌」は会員数名で行うことになりましたが、予定していた中庭へ紅梅を植える準備は進めています。

畑として使っていた井戸の裏側も雑木が蔓延っていたので、重機で整えています。

いよいよ改修工事も終盤を迎え、春遠からじです。

 

第六回現代詩賞 中止

 

初春のお喜びを申し上げます。

そろそろ第六回の募集要項が出る頃と心待ちにして下さっていた事と思います。

保存会では現代詩賞を立ち上げ、第五回まで夢中で刊行してまいりました。

ノウハウもようやく身に付いてきた矢先でしたが、身の丈に合った運営を、もう一度考え直すこととなりました。

 

2021年度の「永瀬清子現代詩賞」の募集は行いません。

 少し形を変えた「第六回永瀬清子現代詩賞」の募集に向けて

色々と尽くしてまいりますので、その折にはどうぞ宜しくお願いいたします。

 

今年も、ありがとうございました。

 

永瀬清子生家保存会は、2020年を多くの皆様に助けていただきながら乗り越えてまいりました。

離れの改修工事が完成するという、来る年を心躍らせて待つことが出来る事に、心より感謝いたしております。

 

生家の玄関へ、しめ縄を飾り付けました。いつか清子が、かぼそい苗を植えた田んぼで収穫した藁で、しめ縄を作る日が来ることを願いながら。

 

2021年も、どうぞ宜しくお願い致します。

クリスマス

 

 

 

永瀬清子の詩には、

あまり知られていないものも

多くあります。

この「クリスマス」も

その一つでしょうか。

 

 

 

細部へ

 

月命日の今日、掃除と朗読会を行いました。

離れの和室(画像)は、清子の母の部屋でした。

床も総張り替えし、畳の入った様子が想像できるまでになりました。

大工工事は大詰めで、細部がどんどん仕上がっていきます。

母屋2階に

 

母屋2階の押し入れに襖が入りました。

入ってしまえば普通になってしまいますが

念願の襖です。

古い襖の紙だけ替えていただく、面倒な仕事を引き受けてもらいました。

 

第五回永瀬清子現代詩賞オンライン表彰式

続きを読む

瓦洗い第二弾

 

 

10月17日(土)9:00~12:00

二度目の「瓦洗い」を開催します。

 

生家離れの屋根から下ろした瓦を洗って下さい。洗った瓦の裏にご自分の名前を書いていただきます。後日、職人さんが屋根に葺いて下さいます。

9:00~お昼までの間で、それぞれ都合の良い時間にお手伝いをお願いします。

前回参加して頂いて名前を書いてない方は、ぜひお立ち寄り下さって名前を書いて下さい。

 

駐車場は熊山支所をご利用下さい。

クラウドファンディング返礼の上映会

 

 

2020年9月20日(日)岡山県立図書館において

今春のクラウドファンディングにて「きよこのくら」

鑑賞券の「購入者限定」の上映会をいたします。

 

購入して下さった皆さまへは、ご案内を送付しました。

なお鑑賞券をなくされた方は、今回の案内状をお持ち下さい。

当日券はございません。

 

 

 

 

 

中止

9月17日の掃除と朗読は中止となりました。

ここまで

離れと釜屋の改修工事は、9月を前に

ここまで来ました。

草まぶれの離れも、棟梁の手にかかり清子の母が暮らした和室の姿を現し始めています。

お風呂と釜屋の屋根も葺かれました。

離れの瓦は、これから降ろし洗い割れの無いものは、屋根に戻します。

表彰式中止のお知らせ

今年10月17日(土)に予定しておりました、

第五回永瀬清子現代詩賞の表彰式を、新型コロナウイルス感染拡大を鑑み、中止することと致しました。

 

楽しみにしてくださっていた皆さま、表彰式に代わるものをWebにて配信出来ないかと計画しております。

また、

来春には改修中の離れのお披露目もございますので、世相が落ち着きましたら、ぜひ生家へお越し下さい。

 

 

8月17日

 

 

8月17日(月)に予定しておりました

生家の掃除と詩の朗読は

新型コロナウイルス感染防止のため中止いたします。

 

進んでいます!改修工事

 

離れの改修工事は、着々と進んでいます。

荒れた外見と同じに、柱の足元もよく立っていたと思うくらいグラグラでした。

一本ずつジャッキで持ち上げ新しい木材と差し替え、ようやく補強工事が完了しました。

皆様からのご支援で、今年改修に着手出来たことに胸を撫で下ろしております。

第五回永瀬清子現代詩賞決定!

 

 

 

第五回永瀬清子現代詩賞は

応募総数400篇の中から雪柳あうこさんの

「死の意思」が選ばれました。

雪柳さん、おめでとうございます!

 

一次選考通過作品発表

 

第五回永瀬清子現代詩賞の

一次選考通過作品と作者名を発表します。

 

通過された皆さま、おめでとうございます。

 

通過作品の中から

「永瀬清子現代詩賞」を決定し、7月31日までに受賞者本人に通知致します。

一次選考通過者決まる

 

 

第五回永瀬清子現代詩賞へ

ご応募下さいました皆さま

お待たせいたしました。

 

応募総数400編の中から

一次選考通過作品29編を選び

その作者宛に

一次選考通過のお知らせを

発送いたしました。

改修工事

 

生家離れの改修工事は、

基礎をやり替えるために

石ころだらけの地面を掘り返して

いるところでした。

見えないところに多くの手間がいります。

壁を落とした床面の外には

初々しい苗が見えました。

いよいよ改修工事へ

 

 

 

多くの方の多くのご支援を元に、いよいよ

改修工事が始まります。

棟梁と近隣の集落を一軒一軒廻り、工事の

ご挨拶を済ませました。

 

本当に、こんな日が来るなんて!

 

 

きれいになりました。

生家の茂った庭がきれいになりました。

長い間手付かずだった雑木やガレキを少しずつ片付けて

最後は本職の方にお願いしました。

たくさんの方が助っ人に来てくださり賑やかな月命日でした。

 

続きを読む

祝辞に清子の話を

昨年、生家を訪れて下さった大田美和さんが、今年 中央大学杉並高等学校に入学し

自宅待機している生徒さんに向け校長として祝辞を述べられています。

その中に、永瀬清子のエピソードを引用しておられます。

続きを読む

返礼品発送へ

 

   

     クラウドファンディングで

     ご支援下さった方への

     返礼品の準備をしました。

 

     沢山の方に応援していただいた

     ことを改めて実感しました。

     これを嬉しい悲鳴と言うのでしょう。

 

     本日、皆様の元へ発送致しました。

     心より感謝申し上げます。

 

 

クラウドファンディングの報告

締め切りました。

宇野バスに

 

宇野バス(宇野自動車株式会社)さんのご厚意で車内に永瀬清子生家保存会のチラシを置いてくださいました。どんな風に置かれてあるのか見に行くと、最前列一人掛けの手すりに紐で吊り下げてありました。

「宇野バスと私」というエピソードをラジオに送るチラシと並んでいました。

 

 

 

 

続きを読む

長島「愛生園」へ

長島(岡山)にあるハンセン病療養所「愛生園」に、保存会のメンバーが訪れました。愛生園は清子が、まだまだ偏見しかなかった昭和23年から40年間通い詩作の指導や選者をおこなった所です。

 

画像は、園内に有る「さざなみハウス」から見える海です。

続きを読む

賑わいの上映会

 

本日、予定通り「きよこのくら」の上映会をおこないました。たくさんの方に参加して頂き、上映後の茶話会も話が弾みました。

今回は外国の方も、お二方参加してくださり和やかな雰囲気を作って下さいました。

 

「きよこのくら」上映会

3月15日(日) 14:00~ 生家にて

「きよこのくら」の上映会をおこないます。

 

画像は、中村智道監督と音楽監督の坂本弘道氏。そしてプロヂューサーの月影詩歩さんのスリーショット。

「さぁ、これから!」という空気が満ちています。

ご支援のお願い

画像は、母屋の二階から見た離れです。14年掛けて、1000円500円と支援して頂き、やっと母屋だけを修復することが出来ました。14年というのは産まれた子供が高校受験をするほどの年月です。離れと世帯場はもう~次の台風で倒れそうな状態です。永瀬清子の熊山での生活を語るには、この場所を失うわけにはいきません。急いでいます。焦っています。

生家保存修復に、ご支援をお願い致します。
クラウドファンディングから、https://readyfor.jp/projects/31356
振込用紙からもご支援いただけます。

(お問い合わせ下さい、リターンなどを載せたチラシと振込用紙をお送りします)

今夜!

 

 

 

 

今夜、2月20日(木)18:40くらい~

RSKテレビ「イブニングニュース」で

永瀬清子を取り上げてくださいます。

どうぞ ご覧ください。

 

 

画像は、保存会が描く生家の最終形です。

修復費用のご支援も宜しくお願いします。

クラウドファンディング

受付開始

紅梅忌

 

晴れ間が見える「紅梅忌」の朝。

蔵の礎石の中に二本の紅梅を植えました。

それぞれの永瀬清子を思いながら、この日に集まった皆んなで植樹をしました。

生家が改修された暁には、奥の一本は中庭に移植する予定です。将来、中庭を眺めながら「紅梅忌」をする日が来ます。

 

続きを読む

生家見学

         生家見学

くまやまふれあいセンターで開催される「第23回朗読会」に合わせて生家を開けております。

      2/16(朗読会当日).....12:00~17:00

    2/17(紅梅忌開催).....13:30~15:30

  ●この記事を、朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。 本記事の承諾番号「20-0284」


署名を提出しました

赤磐市へ「永瀬清子の生家の改修、保存活用に、市の事業としてご支援を」という請願の後押しとして、皆さまにお願いしておりました署名を、本日 赤磐市長へ提出してきました。

webからの署名も139名の方が賛同して下さり、署名総数は 1,437筆にもなりました。

 

お願いばかりの保存会へ、いつもご協力下さいまして、本当にありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。

続きを読む

ご支援のお願い

 

クラウドファンディング、只今スタートしました!

生家を保存維持するための活動を始めて15年を迎えました。前へ前へと低空飛行を続けてきましたが、この「晴れ!フレ!岡山」でのご支援が頂けましたら、もう少し上を見ながら進んで行きたいと考えております。どうか、皆さま!最後の応援を宜しくお願い致します。

https://readyfor.jp/projects/31356 (永瀬清子の支援ページへ)

 

1月17日

 

17日。清子の生家へ集まったのは7名でした。

いつものように掃除をして、来月の「紅梅忌」について打ち合わせをしました。

 

紅梅忌へお越しください

永瀬清子を慕う人なら、どなたでも参加していただけます。

クリックで大きくなります。


もうすぐCF開始へ

 

永瀬清子生家の記事を山陽新聞に載せていただきました。

 

赤磐市へ事業化のお願いやクラウドファンディングにも頼って、何とか朽ちてしまう前に修繕をと急いでいます。

 

この生家が整えば、全国の清子ファンに限らず、今から清子に出会う若い人たちも、容易に集い語らうことができるでしょう。

そして新しい詩も、ここから生まれます。

 

クラウドファンディングがスタートしましたらどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

公募ガイドへ

 

 

 

第五回永瀬清子現代詩賞の募集要項を

公募ガイド2月号に載せていただきました。

「文芸」の項目にあります。

 

決まりを良く読んで、ご応募下さい。

お待ちしております。

 

 

2020年 明けましておめでとうございます

 

 

昨年は、多くのご支援、エールを頂き

ありがとうございました。

 

本年も、詩人永瀬清子が生み出した詩の背景を、いつでも感じていただける場所として

生家の修復保存を進めてまいります。

また一年、どうぞ宜しくお願い致します。

 

      永瀬清子生家保存会一同

請願

 赤磐市に提出していた永瀬清子の生家改修に

関する請願が、本会議において採択されましたとの書面が赤磐市議会議長より届きました。

 

いよいよ署名が必要となりましたが、まだまだ足りません。賛同いただける方は、ご署名下さいますよう宜しくお願いいたします。

お手数ですが、署名用紙下部にあります事務局まで2020年1月末日までにお送り下さい。

 

 署名用紙は「続きを読む」に

      ↓

続きを読む

小雨の墓掃除

 

 

 

今年最後の17日は、清子の墓掃除をしました。

山の中腹に有る永瀬家の墓所へ行く道には、落ち葉が積もりに積もります。

2020年2月17日には、皆でお墓参りをします。

どなたでも参加していただけますので、この機会にどうぞお越し下さい。

詳しいご案内は後日いたします。

 

赤磐市議会議長へ事業化の要望を出しました。  

ネット署名のサイト

●紙への署名は、右の署名用紙をコピーしてお使い下さい。12月末日までに宜しくお願いします。


2019年11月17日

第四回永瀬清子現代詩賞の受賞作「撫子の偽り」の作者 清中愛子さんを迎え表彰式を行いました。

作品集掲載者も遠く県外から参加して下さいました。来賓として赤磐市長を始め、永瀬清子を長きにわたり取材してくださっているRSK山陽放送、白萩の会からもご列席頂いたことで、表彰式が格調高いものになりました。

 

電気が来ていない生家の中では、どうしても暗い画像になってなってしまいますので、今回は生家の庭に出て集合写真を撮りました。参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

 

表彰式

いよいよ、11月17日(日)14:00~ 第四回永瀬清子現代詩賞の表彰式を開催します。当日は県外からも多くの方が参加してくださいます。皆さまのご来場をお待ちしております。     会場では、受賞作と優秀な作品30点を収めた作品集 第四回永瀬清子現代詩賞2019「いつかだれかにわたしの思いを」の販売を開始致します。今回の作品集には、谷川俊太郎、竹下景子の両氏からご寄稿いただいております。

 

岡山の文化財一斉公開 一日目

 

 

おかやまの文化財一斉公開事業に「きよこのくら」の上映会と生家の見学で参加しています。

今日は、その一日目でした。

映画と生家を楽しんで下さいました。

 

明日(10月20日)は、10:00~上映開始(35分間)入場料:1,000円

見学だけの方は13:00~16:00まで生家を開放しています。(無料)

幕末に建てられたとされる生家(国の文化財)を、建築家が案内いたしますので、歴史的建造物に興味の有る方や建築家を目指している若い方にも、ぜひ見て頂きたいと思っています。

「詩のピクニック」の皆さま

赤磐市教育委員会主催の現代詩講座「詩のピクニック」の皆さんが、生家の見学に来られました。

 

大戸を締めて潜り戸から入っていただきました。

 

永瀬清子の詩についても詳しい方々なので、今日は建築物としての生家をご案内しました。

続きを読む

今年も参加しています

 

 

2019年の「おかやま文化財一斉公開」のガイドブックが出来ました。

永瀬清子の生家も、参加しています。

今年は生家の見学と同時に、映画「きよこのくら」の上映会も行います。

 

ガイドブック(51)に載っています。

日時など、お間違いの無いようお越しください。

続きを読む

中村氏快挙!

 

 

「きよこのくら」の監督、中村智道氏が2019年度「キャノン写真新世紀」において上位7名に贈られる優秀賞に選ばれました。

画像は、永瀬清子の生家に速報として貼り出したものです。

 

出欠ハガキ!

 

 

(第四回)一次選考を通過された方々へ

日曜日に

 

毎月17日に生家を開放して見学がてら掃除をしたり詩の話をしたりしていましたが、17日が日曜日と重なることは少なく、まだまだ行きにくいという声を聞きました。それを受けて、時々から始めて日曜日に見学と上映会をしてみることにしました。少しずつ知っていただくようになり、今日も遠方から来てくださいました。

続きを読む

永瀬清子展示室にて

赤磐市立熊山公民館内にある「永瀬清子展示室」で企画展「永瀬清子をめぐる人々ー井奥行彦 と なんばみちこ」が開催されます。その期間内に生家で「きよこのくら」の上映会を行います。映画の中で両氏がインタビューに答えています。ぜひ合わせてご覧ください。


●企画展.....2019年9/6(金)~ 11/17(日)9:00~17:00(月休み).....無料
●上映会.....2019年9/29(日)14:00~(35分間).....1,000円

 

 

続きを読む

合唱団来る

 

 

永瀬清子の詩に曲をつけて歌っていらっしゃる合唱団の方が20名で生家の見学に来られ、歌ってくださいました。

生家の中いっぱいに声が響いて感動的でした。

受賞作決定!

 

 

 

 

第四回永瀬清子現代詩賞が決まりました。

清中愛子さん、おめでとうございます!

 

ぜひ読んでいただきたい受賞作品と優れた作品29編を編んで作る詩誌「いつかだれかにわたしの思いを」を表彰式に合わせて発刊いたしますので、楽しみにお待ち下さい。

一次選考通過作品

 

 

第四回永瀬清子現代詩賞の一次選考通過作品を発表します。

7月31日までに「永瀬清子現代詩賞」を

決定し、受賞者本人に直接通知いたします。

その後、発表します。

発送しました

 

 

 本日、第四回永瀬清子現代詩賞の

一次選考通過作品30編の作者宛に

「通過のお知らせ」を郵送しました。

「きよこのくら」上映日程

 

 

 

映画「きよこのくら」の

上映会をいたしますので是非お越し下さい。

 

       ぽん太アクセス