5月17日に

 

初めて生家を訪れて下さった方を

お迎えしての17日でしたが

会員はみな忙しい人が多くて

結局、こんな有り様でした。

 

それでも

蔵を失くすことで生まれた出会いの日を喜びあいました。