清子の「詩の箱」

私は永瀬さんを選ぶことで、詩を選んだのである。       

                    中江俊夫

 

永瀬さんほどの詩歴を持った詩人が、長い間詩作してきて

なお最近の作が最も充実しているように思われるということは

並大抵のことではない。                

                              大岡 信

(続)永瀬清子詩集の栞文より