保存会の歩み

                          2011年 生家 母屋の屋根を改修

   【詩人永瀬清子の生家保存と氏の文芸活動の研究と普及に関する事業を行ない

     もって県民の文化向上に寄与することを目的としている】 


2005年「現代詩の母」と表される詩人の生家を、このまま朽ち果させてはいけないと詩人を中心とした有志が参集、2013年NPO法人の認証を受け、土地、建物の所有権を得る。

 

 活動には構造設計者、棟梁が加わり、これまでに井戸の建屋と母屋の改修(耐震改修を含む)を行った。改修工事費用1.000万円は、詩人の知己縁者、人柄や詩業を慕う者、建築価値を知る者ら民間の浄財によってのみ賄われた。その間12年の歳月を要した。

 

会では詩人の月命日の17日に生家の清掃と朗読会を行う。 また2016年には永瀬清子現代詩賞を創設。2017年は蔵の改修工事の資金が得られずやむなく解体し、その蔵と引き換えに制作した映像「きよこのくら」が完成し全国上映を終え、現在は自主上映先を募集中である。それに加え、2017年10月27日には生家(旧永瀬邸主屋と井戸)が国の文化財に登録された。

 

2020年2月17日に、途絶えていた「紅梅忌」の名を、永瀬清子が創刊した「黄薔薇」の同人から新たに受け継ぎ、清子を悼む「第一回紅梅忌」を立ち上げる。また、クラウドファンディングで募った支援を元に、6月より離れと釜屋の改修に着工するに至る。

 

2021年2月17日の「第二回紅梅忌」は、完成した離れにて行われた。新型コロナウイルスの感染予防対策として、お披露目会は5月16.17日に寄付者のみで行う。