ナ―シッサスの唄

 i 小さな井戸

                               卑弥呼よ卑弥呼


     古い小さな井戸

     汲まなかったら朽ちてしまう小さな井戸

     何十年も汲みつづけたので

     どうやら今も飲めるのです。

     羊歯が石垣にしげり

     底の方で小さい空が紺色にうつっている

     でも今もおいしい水が飲みたくて

     朝夕汲みつづける小さな井戸

     まだ枯れずにいる

     愚かな私が縄と桶で相かわらず汲んでいれば

     底に映っている  いとしの姿

     又しずくが消す私の姿